1. 冬用化粧水とクリーム作り

    今はいちねんで最も寒さが厳しい時期ですね。冬は季節の変わり目ほど肌荒れのご相談は受けませんが、乾燥による小じわや血行不良によるくすみの相談が多い時期です。冬のお肌は寒さによって血行不良がおこり、くすみや角質肥厚が生じます。その結果顔色が悪くなったり、ごわついたりしてしまいます。また乾燥も激し…

  2. 香りのお守り~ポマンダー~

    ポマンダー。アロマを勉強した方なら一度は目にして耳にしたことがあるはず。だって検定のお勉強で出てきますものね。でも作ったことがある方は意外に少ない。私もアロマの勉強を始めて数年後に作る機会に恵まれた。ポマンダーを作ろうという講座に参加したというわけなんだけど。食べられるものでもないし…

  3. ひまわりの種の洗顔せっけんをつくろう 

    先日の秋用ローション&クリームづくりのワークショップで、この時期のスキンケアの重要性をお話しさせていただきました。美肌塾でもしつこいくらいお伝えしていること。日本は四季があるから季節の変わり目の4度あるのですが、夏→秋の変わり目のケアがお肌の健康と美容面からとっても重要なのです。…

  4. フレンチマリーゴールドの逆襲

    先日ネットでフレンチマリーゴールド由来の健康食品の広告をみました。やっときた!!・・・というのが正直な感想。というのも、フレンチマリーゴールドは結構誤解されている植物なのです。カレンデュラじゃないからね私も十数年前にハーブ習ったとき、伝統的に使われているポット…

  5. リンゴでスキンケア

    「一日一個のりんごは医者を遠ざける」「朝のリンゴは金のリンゴ」などリンゴにまつわる言い伝えはたくさんありますね。そのくらいリンゴは健康・美容に役立つ食材(植物)。でもリンゴの利用法って食べるだけじゃないって知ってましたか??リンゴをハンドメイドコスメの材料にリ…

  6. 食べるだけではもったいないバジルの魅力

    滋賀県のハーブガーデンも、我が家のお庭も、バジルが全盛期を迎えています。バジルが大好きで、たらふく食べたい!一年分のバジルペーストを作って冷凍保存しておきたい!と、毎年欲張って育てているのですが、実はバジルは食べるだけではもったいないハーブなんです。まずは香りを楽しむ。古代ギ…

  7. 夏はあの赤いハーブでスキンケア

    毎日蒸し暑く、汗ばむ季節になりました。この季節にスキンケアで使いたいハーブはたくさんありますが、今日はその中のひとつ、「ローゼル(ハイビスカス)」について書きたいと思います。ハイビスカスといえば南国を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。でもあのハイビスカスは観賞用のもので、植物療法で使用するハ…

  8. もうひとつのベルガモット~シソ科ハーブ~

    ベルガモットそういうと、たいていかんきつ系のベルガモットを想像する。私がいちばん好きな精油のひとつでもあるベルガモット Citrus bergamia。アロマテラピーの勉強を始めて、最初に買った精油がベルガモット。だからこの香りはアロマテラピーを勉強し始めたワクワク感を思い出させてくれる香り…

  9. お料理が美味しくなるハーブビネガーを作ろう!

    前回のハーブオイルに続いて、またまた食べ物のお話しです。今度はハーブビネガーのご紹介。私は大のお酢好きです。酢の物大好き。マリネや酢漬けはお酒のおともにもなるし、これからの季節は体がとてもお酢を欲します。でも我が家では普通のお酢ではありません。ハーブビネガーです。ハーブの美味しさがぎゅっと詰…

  10. お料理が美味しくなるハーブオイルを作ろう!

    皆さん、ハーブオイルは作ったことありますか?ワークショップをしていて、意外に作ったことない方多いことに気づきます。とっても簡単なんですけどね。だから講習会やワークショップでは「いいお土産ができたわ♪」と喜ばれます。ヨーロッパでは昔からバジルやローズマリー、タイムなどをオリーブ油に漬けて料理に…

PAGE TOP