ハーブ(薬用植物)と仲良くなるためにーハーブティー、浸出液、煎

ハーブに興味をもってまずやってみることがハーブティー

またはハーブティーからハーブに興味を持った

そんな方はとても多いと思います。ハーブティーはいちばん簡単にハーブの魅力を感じられる方法ですよね。

『健康、美容のために一日2リットルお水を飲みましょう』という事は聞いたことがあると思いますが、厚労省のホームページでは水分補給の「水分」にハーブティーも挙げられています。

私自身、水だけを摂取することがあまり好きではないので、水分摂取の方法としてハーブティーを利用しています。

もちろん、「ハーブの薬効を期待して症状に合わせてハーブティーを飲む」ということもしますが、ハーブの薬効を期待するときはチンキ剤を利用することの方が多く、ハーブティーは水分補給のために好きなテイストのものを飲むことが多いです。

ハーブティーは誰もが取り入れやすい方法ですが、ハーブティーの淹れ方にはルールがあります。また複数のハーブをブレンドする場合は、ブレンドのコツがあります。

そしてハーブティーはハーブ療法においてはハーブに含まれる水溶性の成分を抽出する方法ですが、他にも水溶性の成分を抽出する方法があります。「浸出液」や「煎剤」と呼ばれているものです。

ハーブティーの淹れ方とブレンドのコツ、おすすめのハーブを紹介していきます。

ハーブティーの淹れ方

ハーブ療法の一環としてハーブティーを飲む場合は、ドライハーブを使用すると決まっていますが、季節感を楽しむ目的でフレッシュハーブを楽しむこともおすすめです。フレッシュハーブを使用するときは、一般的にドライハーブの約3倍の量と言われていますので参考にしてください。

① 一杯(200~250cc)のハーブティーのハーブの量は約3g。お湯は98度のお湯。沸騰して一息ついたお湯を注ぎます。

② お湯を注いだら蓋をして、花や葉など柔らかい部分のティーは3分、根や種子、実など硬い部分のときは5分待ちます。種子や実などお湯を注ぐ前につぶせるものはつぶしておくと短時間で出やすくなります。柔らかいものと硬いものをブレンドしたときは、あらかじめ硬いものは細かくしておくと、同じ抽出時間で楽しむことができます。ティーポットは透明のものがおすすめです。どのくらい抽出したか、目で確認することができるからです。基本は3分、5分とありますが、飲み続けていると、自分のお気に入りの濃さが目や香りでわかるようになってきますよ。

以上がハーブティーの淹れ方です。

時間帯やその日の気分に合わせてチョイスするハーブを変えて楽しむといいですね。

浸出液とは

上記のハーブティーの淹れ方のところで、3分や5分で飲まずに10分以上放置したものを浸出液といいます。時間をかけることで有効成分がハーブティーのときよりもたくさん抽出されています。その分味は濃く、苦くなっていますが、薬効はハーブティーより高まっています。

浸出液をつくるときは、ティー・コージー(ティーコゼ、ティーポットカバー)があると、放置中の温度の変化を和らげることができるのでお勧めです。

浸出液は飲むだけでなく、お風呂に入れたり、パックを溶くときに使用したりします。殺菌作用の期待できるハーブで作った浸出液はうがいにも使えます。我が家ではローズマリーやタイムの浸出液をうがいにつかっています。

煎剤とは

根や樹皮、実など硬いものを煮出したものを煎剤といいます。漢方薬などの煎じ薬などでよく知られた方法ですね。浸出液よりもさらに濃く、苦いものができあがりますが、有効成分はたくさん出ています。

煎剤を飲むときは、何か改善したい症状などがあるときだと思いますので、ある一定期間は飲み続けることになると思います(症状によって数日~数か月)。

様々な煎剤のレシピが紹介されていますが、私が継続できた煎剤レシピは以下の通りです。継続のポイントは、ハーブの量(一度にたくさんいると購入に負担がかかり続かない)と味(苦すぎたら苦痛で続かない)でした。

煎剤を使って体質改善や症状の緩和を期待したい方は、参考にしてみてください。

① 10gのドライハーブを用意する。お鍋にドライハーブと水600ccを入れて弱火で煮込む。

② 鍋の水量が最初の1/2になるまで煮詰める。

③ ガーゼなどで引きあげ、最後はガーゼの中のものもギュッと絞りだす。

④ 瓶に入れ、冷蔵庫で保管する。(3日以内に飲み切る)

300cc前後出来上がります。

私は1回50ccくらいを一日数回小分けにして飲みます。

過去に冷え性の改善、妊活、肌荒れなどに煎剤を活用しました。

とても効果が感じられましたよ。

症状によって、どのハーブをチョイスするかは知識が必要になってきますが、自分でわからないときはハーブの先生に相談するといいですね。

スクールではスクール生以外でも相談にのっています。(具体的なハーブチョイスの相談は、対面でのご相談時のみ行っています。)

ハーブティー、浸出液、煎剤・・・目的に応じて使い分けてくださいね。

 

 

 

関連記事

  1. ハーブ(薬用植物)と仲良くなるためにーシロップ
  2. マロウやマヌカハニーを使って喉ケアスプレーを作ろう
  3. カマルドレンシス種のユーカリはフェイシャルケアにも使えるよ
  4. 出来ることから…シェアシード始めます。
  5. 夏はあの赤いハーブでスキンケア
  6. ハーブ(薬用植物)と仲良くなるためにーハーブバス
  7. フレンチマリーゴールドの逆襲
  8. 冬の必需品、万能ハーブバーム
PAGE TOP