もうひとつのベルガモット~シソ科ハーブ~

ベルガモット

そういうと、たいていかんきつ系のベルガモットを想像する。私がいちばん好きな精油のひとつでもあるベルガモット Citrus bergamia。アロマテラピーの勉強を始めて、最初に買った精油がベルガモット。だからこの香りはアロマテラピーを勉強し始めたワクワク感を思い出させてくれる香り。

でももうひとつベルガモットと呼ばれている植物があります。シソ科ヤグルマハッカ属のベルガモット Monarda didyma。モナルダとかビーバームといった呼び方もされるハーブ。

13342907_1038607592888808_5204543447532992925_n

原産地は北米東部。北米の先住民オスウィーゴ族が飲料としていたハーブ。北米東部・・・・そう、Tiaraが精油を仕入れているAliksir社があるあたりがまさに原産地。Aliksir社の蒸留所見学にいったときに、広くて大きなモナルダ畑に案内してくれました。彼らにとってはとてもなじみのあるハーブで主に歯科領域や口腔ケアに使うと話されてました。

そんなことで私にとってはカナダを思い出すハーブ。アロマテラピーで使う精油にとことんこだわりだしたころを思い出すハーブです。このもうひとつのベルガモット=モナルダは、近江おごとハーブガーデンでもたくさん植えられており、ピンクや赤の花が一斉に咲く花期は見事な風景です。そしてハーブガーデンに訪れたお客様は、「これもハーブなの?」「これはどうやって使うの?」「おうちに植えてるけど見て終わりだと思ってたわ。」とお話しされます。そんな言葉を聞くたびに、見るだけなんてもったいない!ぜひぜひ使ってあげてください、とお話をするんですが、今日はモナルダの使い方、簡単に記事で紹介したいと思います。

13310495_1037966186286282_8062730950142995017_n

ハーブティー、お料理に・・・

一番簡単な使い方はハーブティーですね。オスウィーゴ族が飲料としていたことからオスウィーゴティーと呼ばれていたハーブでもあるのです。ヒソップやタイムのようなすっきりとした味わいで、消化促進や口臭ケアなどの効能が期待できます。シングルティーよりもブレンドがおすすめ。紅茶に花や葉を少量混ぜて楽しむのも、いつもと違った紅茶の風味が味わえておすすめです。

色鮮やかな花の色は乾燥しても消えにくいため、ケーキやクッキー生地に混ぜ込むと見た目に楽しめるスイーツが作れます。葉はすっきりとしているので脂っこいお料理と相性がよくセージのように使えます。豚肉、クリーム系のお料理で使いやすいでしょう。葉は柔らかいので細かく刻んでソースやひき肉に混ぜるといいですよ。

日本の気候でも育てやすいハーブです。ぜひベランダやお庭に加えてみてください。そしてぜひ使ってみてくださいね。

 

 

 

関連記事

  1. 美白・美肌のビタミンCだけじゃない!レモンの魅力
  2. マロウやマヌカハニーを使って喉ケアスプレーを作ろう
  3. ハンドメイドUVクリームで紫外線ケア♪
  4. フレンチマリーゴールドの逆襲
  5. 気持ち新たに、ハーブを伝える
  6. カマルドレンシス種のユーカリはフェイシャルケアにも使えるよ
  7. 夏はあの赤いハーブでスキンケア
  8. お料理が美味しくなるハーブビネガーを作ろう!
PAGE TOP