美白・美肌のビタミンCだけじゃない!レモンの魅力

我が家にレモンの木がやってきました。

今までマンション暮らしマンション育ちだった私にとって、お庭に果樹が植えられるなんて夢のまた夢でした。お庭が持てるようになって、真っ先に選んだ果樹は迷わずレモン!

レモンを全く使わないおうちもあると思いますが、我が家ではそこそこ消費します。マリネ、ドレッシング、塩レモン、レモンティー・・・もうレモンのはちみつ漬けなんかも定番になりますね。部活のときに母親がよく作ってくれたハチミツレモン。私もそのうちわが子に持たせるんだろうなぁ~。・・・ってことで今回は意外と知られていないレモンの魅力を書きたいと思います。

美白・美肌のビタミンC

レモン果汁といえばビタミンC。ビタミンCが摂取できる食材はたくさんありますが、レモンもビタミンC補給に使える代表選手の一人です。このビタミンC、別名美白ビタミンとか美肌ビタミンといわれています。

ビタミンCの効果

真皮層にある線維芽細胞がコラーゲン生成のときにビタミンCを必要とします。またストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンの生成時にも必要になってきます。体内に発生する活性酸素の除去にも役立ちますし、美しいお肌だけでなく健康な体のためにも必要なビタミンCです。

レモンはわざわざ食べる・・・という食材ではなく、ドレッシングに利用する、飲み物に絞る・・・手軽に使えてビタミンC補給できるのがうれしいですよね。

意外と知られていないレモンの魅力

マグネシウムなどのミネラル類も豊富が豊富!

レモン果汁はビタミンCたっぷり!…なんですが、実はマグネシウムなどのミネラル類も豊富に含まれているのです。マグネシウムは一時流行ったにがりの主成分でもあり、便通をよくしてくれます。医療機関では下剤としても使われています。。もちろんレモン果汁には自然な形で入っているのでお薬のように強力にストレートに効くことはありませんのでご安心ください。漢方薬にもマグネシウムが含まれたものがたくさんあるそうですよ。

有害物質を排出してくれる!

またレモン果汁に含まれている苦味成分リモネイドという成分が有害物質を排出するというデータが出ているそうです。ラットによる実験なんですが、リモネイドを混ぜたご飯を食べさせたグループのラットと、リモネイドを混ぜてないご飯を食べさせたグループのラットに、大腸がんを100%近く発症させる物質を食べさせたそうです。するとリモネイドを摂っていたグループの大腸がんの発症が50%くらいに抑えられたとか。

人間とラットを同一視することはできませんが、興味深いデータですよね。レモンに含まれる香り成分リモネンには皮膚温上昇や水分排泄による浮腫み解消なんかも期待できます。アロマトリートメントなどでは、そのような目的でレモン精油をブレンドに使用する場面がよくみられます。(光毒性があるため使用濃度には注意します。)

いろんなお料理に手軽に使えて、さわやかさだけでなく健康・美容に役立つ作用も期待できるレモン。これから暑くなると体も欲してくると思います。おいしく賢く利用したいですね。

7495f9d447e29c1a19e3cb4e77a1f143_s

関連記事

  1. 食べるだけではもったいないバジルの魅力
  2. フレンチマリーゴールドの逆襲
  3. お料理が美味しくなるハーブビネガーを作ろう!
  4. 気持ち新たに、ハーブを伝える
  5. ハンドメイドUVクリームで紫外線ケア♪
  6. マロウやマヌカハニーを使って喉ケアスプレーを作ろう
  7. カマルドレンシス種のユーカリはフェイシャルケアにも使えるよ
  8. もうひとつのベルガモット~シソ科ハーブ~
PAGE TOP